印刷の種類について

インクジェット印刷

木材プラスチック等の多様な素材に対応し、平面はもとより、凸版・凹版や多少のアール状のものなどに印刷が可能です。
細かなデザインや、細かな文字などもスッキリ印刷できます。
1.多様な素材に印刷できる。
2.曲面、凹部への印刷ができる。
3.繊細な図柄、画像の印刷ができる。

シルクスクリーン印刷

金属・木・革・プラスチック・紙とあらゆるものに印刷が可能です(密着の悪いデコボコした素材には適しません)
繊維(絹・ナイロン・テトロン)で織った生地を枠に張りその上に版膜を作って必要な図柄・文字以外の目を塞ぎ、枠内にインキを注入し、
スキージでスクリーン内側を加圧します。版膜のない部分のスクリーンを透過して版下の被印刷物に印刷する方法です。
1.印刷されたインキ層が厚い。
2.広い面に一度に印刷できる。
3.ベタ面への印刷が容易である。

パッド印刷

平面はもとより、凸面・凹面や多少のアール状のものなどあらゆる形の物に
印刷が可能です。細かなデザインや細かな文字もスッキリ印刷できます。
凹面上のインキをシリコンパッドに写し取り、それを印刷物に押し付けて印刷する方法です。
1.曲面、凹部への印刷ができる。
2.繊細な図柄の印刷ができる。

箔押し印刷

特に革製品への印刷にその成果を発揮し、ホットスタンプとも呼ばれています。
また箔を用いずにそのまま押すことにより革が凹む「素押し」や焦げ目をつけることにより、違った味わいをかもし出したりもできます。金/銀などはその輝きのままに印刷が可能で、金銀などの箔を熱と圧力で転写する印刷方法です。
1.インクではなく箔を使うので金属の様な輝きが表現できます。
2.凹印刷が可能です。

転写印刷

写真やキャラクターなど、どんなデザインも自由に表現でき、
プラプレートのような平面ものからボールペンなどの軸物まで幅広い製品の
加色が可能です。メタリックカラーや多色柄を予め紙、フィルム等に印刷しておき
製品に印刷物だけを、熱、粘着剤等を利用して、金属板の彫刻版やシリコンゴム製の特殊版を使用し印刷する方法です。
1.印刷と違い消えることがありません。
2.1点ものにも量産にも対応可能。

レーザー

高周波レーザーを製品に照射する加工方法で、木材、皮革はもちろんアクリル、ガラス製品、金属、石材と幅広く加工が可能で、
素材によって焼いたり、溶かしたり、削ったりと加工技術を使い分けることができます。
1.印刷と違い消えることがありません。
2.1点ものにも量産にも対応可能。

いずれもおおよそのご予算・数量・印刷色数がわかれば概算御見積をお出しいたします。

他にもマグネット、タンブラー、エコバッグ、ランチBOX等々、
オリジナル制作のできる取り扱いアイテムは多数ございます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ

まずはメールでお問い合わせください。カタログ請求もこちらから!
お電話でのお問い合わせ:0120-971-356(対応時間 9:00~18:00、定休日:土・日・祝)、FAXでのお問い合わせ03-5813-5312
全国対応可能
販促ビジョンオリジナル抽選機SP-CUBE
販促ビジョン オリジナルグッズ ティッシュにタオルにのぼりに旗に…。
名入れ用データの作成と入稿の際の注意点。
印刷の種類について。
特選名入れアイテム まずは名入れ、やっぱり名入れ
いまどきやっぱりエコグッズ
今だけ 数量限定先着順!!!

当サイトはプライバシー保護の為、SSL暗号化通信を採用しています。

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?